多忙なナースのおはなし

自分の体調管理が大切

看護師の仕事は多忙を極めます。
その為、看護師自身の体調管理は重要になってきます。
看護師の9Kの中にも、健康や美容に関する「化粧のノリが悪くなる」と「薬に頼る」があります。

「化粧のノリが悪くなる」
私自身は、あまり仕事の時にお化粧を厚くしたりしないから実感はありませんが・・・。
一応身だしなみとして最低限していきますが、看護師はお洒落を見せる職業じゃないと思います。
しっかりメイクしても仕事中に崩れてしまうし、匂いが気になる患者さんもいらっしゃいます。
それはともかく、確かに夜勤が続いたりするとお肌も荒れてくるのは確かです。
やっぱり人間って夜は寝ないとだめなのか、夜勤明けで鏡を見るとけっこうびっくりしたりしますよ(笑)
シフト的に昼勤をやって深夜勤に入る、なんて事もあるので、不規則な生活にもなりがちです。
だから体調も崩れるし、当然お肌も荒れてくるからお化粧のノリも悪くなると思います。
でも私みたいに無頓着じゃなく、きちんとスキンケアしている方もたくさんいますからね。

「薬に頼る」
仕事柄、薬とは縁の深い看護師ですが、やっぱりみんないろいろ使っています。
でも、別に危ない薬じゃないですよ(笑)
夜勤の時は割とたくさんの人が栄養ドリンクとか、今流行りのエナジードリンクなんか飲んでいます。
そういうくらいの薬ならまだいいのかもしれませんが、もっと他の薬を使っているとちょっと問題だと思います。
例えば、睡眠薬とか精神科のお薬とか…
看護師で適応障害とかうつ病とか、そういう話もたまに聞くことがあります。
それを使っている原因はストレスなんでしょうけど、人間関係のいざこざもよくある話ですからね。
看護師だって健康第一だし、そこまで無理をするべきじゃないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です